未経験でwebライターになるには?まずは仕事をとることから始めよう

未分類
この記事は約5分で読めます。
私

将来が不安だから副業を始めたい

本業では身につかないスキルを磨きたい

終身雇用の崩壊や年金の減額など、暗いニュースが多い2019年現在では、将来に不安を抱えている方は多いでしょう。

将来に備えて稼げるスキルを身に付け、今のうちにお金を貯めておきたいですよね。

そのために大切なのが、本業とは別に稼ぐ力を身に付ける副業をすることです。

しかし、「副業って色々な種類があるし、何から始めたら良いか分からない」とお悩みの方は多いのではないでしょうか?

そこで、スキルなし未経験の方におすすめなのがWebライターです。

文章を書くのに慣れていないのに、ライターになれるかな?と不安に感じる方もいるかもしれませんね。

はい、私もそうでした。文章を書くスキルがなければライターになれないと思っていたので、1年くらい遠回りしていました…。

でも、実はwebライターになるには意外とハードルが低く、スキル0の状態でも仕事をはじめられます

そこでこの記事では、webライター歴1年の私が、遠回りせずに仕事を始める方法を解説します。
未経験の方がwebライターを始めるきっかけになれば嬉しいです!

そもそもwebライターとは?どんな仕事?

webライターとは、その名の通りweb上で文章を執筆する仕事です。

企業から仕事を請け負い、依頼されたテーマに基づいて記事を執筆します。主に執筆する媒体は、ブログやHP、広告です。

2019年現在では、ランサーズやCrowdworksなどのクラウドソーシングで、仕事を依頼する企業が増えてきています。

クラウドソーシングにはライターの案件が豊富にあるため、未経験で仕事を始めてフリーランスになる方が多いです。

PCさえあれば、時間も場所も自由に仕事ができるのがwebライターの魅力です。特に女性は、子育てをしながらスキマ時間に働けるので、家庭と仕事の両立ができて嬉しいですよね。

未経験者がwebライターになるには?始め方を紹介

未経験でもwebライターになれるの?と心配になりますよね。

ここでは、webライターになるには、まず何から始めたら良いのかを紹介します。

webライターになるのに資格やスキルは不要!

webライターになるには、特別な資格やスキルは不要です。

ライターとして企業に勤めていたり、ブログを運営していた経験がなくても問題ありません!

また、webライターになるのに特別な決まりはないため、初心者でも「ライター」と名乗るのが可能です。

未経験でも仕事をとることができれば、その日からあなたもライターになれます!

まずはクラウドソーシングでライティング案件の仕事をとる

未経験でwebライターを始めるには、まずは仕事をとることから始めましょう!

特別な勉強が必要かと思う方もいるかもしれませんが、いきなり仕事をとってしまえば問題ありません。

仕事をしながら学ぶことが多く、スキルも身についていくからです。

とはいえ、webライターは文章を書いてお金をもらう仕事ですから、経験がないと不安になる方も多いでしょう。

私自身、心配性なので以下のようにネガティブ感情のオンパレードでした…。

  • 文章下手すぎてトラブルになったらどうしよう…。
  • 決められた期日に間に合わなくて迷惑かけたらどうしよう…。

しかし、トラブルは滅多に起こらないので安心してください!
もちろん決められた納期を守らないことや、企業からの連絡を無視するのはもってのほかです。

どんなに文章を書くことに慣れていなくても、誠実に仕事をすればほぼトラブルは起こりません。

ですから、まずは仕事をとることから始めましょう

文章は書けば書くほど上達します。
また、企業によっては、文章を添削してくれる場合もあります。お金をもらいながら勉強できるのは嬉しいですね。

未経験でwebライターの仕事をとるには?クラウドソーシングがおすすめ

webライターの仕事をとるには、クラウドソーシングを利用しましょう。
クラウドソーシングで有名な会社は、LancersやCrowdworksです。

クラウドソーシングとは、仕事を依頼したい企業と個人をマッチングさせるサービスです。ライティング以外にも、プログラミングや動画編集など様々な仕事があります。

単価の低い案件で実績をつける

未経験のうちは、低単価の仕事からスタートして実績をつけていきましょう。
webライターの案件は、以下のように条件が様々です。

  • 記事のジャンル
  • 単価
  • 文字数

初心者のうちは、いきなり高単価な仕事を受けることは難しいです。

よほど自分にしか書けないような特殊な経験があったり、ニッチなジャンルを執筆できるなら、初心者でも高単価の仕事がとれる場合もあると思います。

しかし、基本的に初心者のうちは単価の低い案件なら仕事をとりやすいので、実績がついてきたら高単価の仕事にチャレンジをしていきましょう。

webライターの報酬の単価は、1文字につき1円が基準となります。1文字が1円以下を低単価。1円以上を高単価といわれます。未経験の方は、1文字1円もしくは1円以下の案件からチャレンジしましょう。(私は1文字0.3円からのスタートでした)

まとめ:未経験でもwebライターになるのは簡単!

クラウドソーシングを利用すれば、未経験でも簡単にwebライターの仕事をとることができます。

webライターで副業をしたい方は、まずはクラウドソーシングに登録し、実際に仕事を始めてみましょう。
文章力を身に付けてからwebライターを始めようと考える方も多いと思いますが、いきなり仕事をはじめてしまえば大丈夫です。

実際に仕事をすることで得られる学びが大きいので、お金をもらいながらスキルを磨いていきましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました